3分たったら起こしてください。

今日考えたこと。読んだ本。観に行った芝居。好きな音楽。気まぐれ更新。

谷川俊太郎ってすごい

国語の先生が言ってました。いま日本で詩だけで食っていけてるのは、谷川俊太郎俵万智だけだと。私は合唱が好きなのですが、心に刺さる曲はたいてい谷川俊太郎さんの曲です。

この間、家に谷川俊太郎の詩集がおいてあったので読んでみました。これまでにだした詩集の中から詩を選んで作ったそうです。大人向けの難しめの詩から、曲をつけるために書いたもの、こども向けの詩まで、いろいろでした。

まどみちおさんの詩を読んでも思うのですが、こども向けに書こうと思って書いたんじゃなくて、全力を傾けて書いたものが偶然世間にこども向けとして認知されている、という感じがします。

私は、詩を読むといつも「自分に酔ってんなこいつ」と思ってしまいます。が、谷川さんはそんな印象を受けませんでした。皆さん文章を読むと、ある程度その情景が頭に浮かんでくると思うんですけど、谷川さんの詩を読んで頭に浮かんでくる絵ってあんまり綺麗じゃないんですよね笑 いろいろ混ざってわりとゴチャゴチャしたイメージです。でもその中に、ときどきハッとするようなキラキラしたイメージが浮かんでくる言葉もあるんです。

陳腐な表現になってしまいますが、この世界は色んなものであふれてます。楽しいことも辛いこともおぞましいもの美しいもの嬉しいこと悲しいこと。もう色々ありすぎて何がなんだか分からない中に、谷川さんが見つけた美しいものを、詩として報告してくれてるんだと思います。