3分たったら起こしてください。

今日考えたこと。読んだ本。観に行った芝居。好きな音楽。気まぐれ更新。

「ダズリング・デビュタント」@座・高円寺

今日は、座・高円寺にてあやめ18番「ダズリング・デビュタント」を観てきました。2日連続の観劇です。座・高円寺は初めて行ったのですが、割りと大きめな劇場でステージが横に長く、天井が高かったです。
ダズリング・デビュタントは洋画版と日本画版とあり、私は両方観ました。日本画版では役がシャッフルされていて、男優さんが女性の役を演じたりそのまた逆もあり、中々おもしろかったです。衣装や音楽も違い、台本自体は全く同じなのですが、世界観が全然ちがいました。
話の舞台は中世のヨーロッパ。貴族達がバンバン浮気してドンドン性病にかかって死んでいく話です。要約しようとするとこんな感じになってしまうのですが、全くゲスな印象はなく、役者さんはうまいしセリフは素敵だし衣装は豪華だし音楽は生演奏だしで圧倒されました。劇は途中10分の休憩を挟んで2時間半ほどでしたが、飽きませんでした。
ちょっと気になったので調べてみると、劇団主宰の堀越涼さんはまだ28とのこと。びっくり…。28でこれだけ豪華な公演を打てるということは、もちろん作品も素晴らしいのだけど、お金のこともきちんとされているのだろうと思います。
同じ台本で演出違いの2バージョンがあるのも、演劇的にすごくおもしろい試みだと思うし、実際2つ観てみておもしろいな!と感動したのですが、同時に上手い戦略であるとも感じました。どちらか観たら絶対もう1つの方も観たくなってしまうからです。
座・高円寺という大きな会場で、2時間半お客さんを釘付けにするまだ若い劇団。あやめ18番「ダズリング・デビュタント」とってもおもしろかったです。次回公演もぜひ観たいです。