3分たったら起こしてください。

今日考えたこと。読んだ本。観に行った芝居。好きな音楽。気まぐれ更新。

QUEEN 'Bohemian Rhapsody'

今までずっとですます調で書いてきたのにこないだの記事だけいきなり常体になっていて、公開したあと気づいてびっくりしました。無意識でした。今日はですます調でいきます。
今日のブログはお気に入りの曲シリーズ第2弾、QUEENの'Bohemian Rhapsody'をご紹介します。とてもとても不思議な曲で、ネットで検索すると色々な解釈がでてきます。私はバンドや歌手というよりは、曲だけを好きになるし、この曲自体最近知ったので、長年のファンの解釈やQUEENがどういうバンドなのかはあえて無視して、'Bohemian Rhapsody'について考えていきたいと思います。
歌詞は長いのでここには載せません。ググるとすぐでてきますし、youtubeでも聞けます。
パッと聴き、人を殺してパニクってる人の歌に聞こえます。歌詞が歌詞だし、曲調がガンガン変わってとっても頭のおかしい感じです。
でもこの歌は、頭のおかしい人がパニクってるだけの歌ではないんです。聴いてると、もうどうしようもないような切ない気持ちになります。私はこれを聴いて意味も分からず泣きました。
ひとつには、やっぱりQUEENの演奏技術がとても高いからだと思います。ボーカルのかたは、男性にはとても高いだろう音を難なくだし、裏声もうまく使って切ない感じをだしています。ギターやドラムもかっこいいです。
そして、'Bohemian Rhapsody'の歌詞は、分かりにくい歌詞ではあるけれど、「どうにもこうにも上手くいかない感」があります。人生を必死に生きてはいるけれど、生まれ持ったもの、運命に絡めとられてもうどうにもならない。どうにもならないのは分かっているしこのまま流れに身を任せていこうと思うけれど、悲しい。そういう思いは誰もが多かれ少なかれ持っているのではないでしょうか。

名曲だと思います。よく分かんない曲だけど。ぜひ聴いてほしいです。そして聴くときはイヤホン推奨です。イヤホンつけて聴くとおもしろいですよ。