3分たったら起こしてください。

今日考えたこと。読んだ本。観に行った芝居。好きな音楽。気まぐれ更新。

恋をするということ

好きな人ができました。少女マンガなどでよくでてきますが、ひとめぼれとか、何かきっかけがあって好きになる、というのは幻想だと思います。
私は、第一印象でまず恋愛対象としてアリかナシかを判断し、そこから少しずつ仲良くなっていき、他の男の子よりちょっとは仲良くなったかな、という時点で恋に落ちにいきます。どこかの一点で急に好きになるのではなく、少しずつ仲良くなって、恋愛に行けるのか行けないのか行きたいのか判断します。好きになるということは、相手への感情の種類を友情から恋愛に、意図的にシフトさせることだと思います。
恋は、楽しいです。ラインで返信が来たとき、いつもよりたくさん話せたとき、遊びに行く約束をとりつけられたときなどなど、ふわふわキラキラドキドキした感情が沸き上がってきます。上の文を読んで、お前の恋なんか本当の恋じゃない!と思われる方もいるでしょうか。
恋に落ちることは相手への感情を意図的にシフトさせることだと書きました。最初は恋愛感情に作為が入ってても、だんだん本気になってくるんですよ!相手が何かしてくれたときは本当に嬉しいし、失恋したときは脳みそを内側から殴られたみたいになりました。
でも、まあ、友達と恋バナしたりいつもよりちょっとおしゃれしてみたり、「恋してる私」を楽しんでる部分もありますねきっと。だって高校生だもの。